新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

スマホでも!最高の思い出写真が撮れるスポット教えちゃいますin山﨑八幡宮

この企画が始まったきっかけ

「あの、すみません・・・」
突然わたし宛にかかってきた電話。
「成人式で配付するしおりに使う写真を撮って欲しいんです。」

成人式といえば、写真スタジオでバシッと写真を撮る。そんなイメージを抱いていたのですが、最近はスナップ写真で、さりげない瞬間の写真を思い出として残す人も多いのだとか。
そんな現代の新成人たちに、晴れ着のまま楽しめる周南市のフォトスポットを紹介したいとの成人式実行委員会の熱い思いから、この撮影の企画がスタートしました。

さっそく日程調整をおこない、撮影日が決定。
わたしの撮る写真を気に入って撮影を依頼してきてくれたので、わたし自身、撮影日はとてもワクワクでした。
撮影は周南市内2カ所で行われることに。

1カ所目 山﨑八幡宮

13時。撮影場所に集合。天気は晴れ。風が強く、11月下旬の秋の終わりは、黄金のいちょうの葉が空を舞う。地上に落ちたいちょうの葉が黄金の絨毯を作る。ちょっと寒いけど、この日は撮影日和でした。

絨毯の上で記念に

今回モデルをしてくれる女の子と、撮影依頼してくれた成人式実行委員会ギフト部会のみなさまとご挨拶。なんだか楽しい撮影になりそうな気がした。

みんなで記念に1枚

最初の撮影場所は、周南市宮の前(新南陽地区)にある「山﨑八幡宮」。
夏になれば夏祭り、冬は初詣、年中まちを見守ってくれる憩いの場です。
階段下で集合しましたが、階段を登り切った後に見える景色が絶景なので、そこで撮りたいとわがままを言ってみました。振袖を着たままだと大変かも・・・と思いましたが、振袖でもゆっくりであれば登ることができました。ちなみに、車で上まで登ることもできます。

振袖の足元はうつくしい

私のイチ推しスポット!

登る途中、振り返ると見えるのは、まっすぐな道路に工場地帯。周南市新南陽地区の街の絶景が目の前に広がります。
夜に見ると、工場夜景のあかりが輝き、また違った顔が見られる、わたしも大好きなおすすめのフォトスポットです。

自分の未来を見つめる
立ってもらったのは階段の上。いい笑顔!

山﨑八幡宮の花手水

山﨑八幡宮の見所の一つが花手水。
昨年から始められたこの取り組みはとても話題になりました。
コロナ禍を過ごす参拝者の癒しになればとの思いで、手水鉢に花をびっしりとつ浮かべる花手水を始められたそう。
撮影日も見事な花手水が。そこで撮影、映えないわけがありません。

花手水の花と着物の花に囲まれて
手水鉢の周りに飾られたかわいい飾り。前ボケで撮ると雰囲気がでました!

拝殿

手を清めたら、いよいよ拝殿に。
その前に1枚撮影。上に門があるので少し暗いですが、その分かっこいい写真が撮れると思います。

あえて横顔で

門をくぐり、お参りしたあと、右に進んでみてください。立派な庭園が現れます。その庭園に向かう途中の天井には綺麗な模様が。見上げるうしろ姿も美しい、晴れ着の帯。

着物を綺麗に見せるためには、カメラを縦に構えて全身入れてあげるのもいいかも

奥に進むと

上の写真の奥に見えているのが庭園。撮影当日は庭園には椅子や傘があり、座って撮るだけで誰でも素敵な写真が撮れるようになっていました。カメラ初心者にも優しい山﨑八幡宮。
その横には趣のある建物が。ガラスに被写体の顔を写しながら撮るのも、一風変わった写真が撮れておもしろい!

ごめんくださ〜い。かかとをあげている足元がかわいい

撮影した時期は紅葉真っ只中だったので、記念に写真を撮ってみました。山﨑八幡宮は自然に溢れています。写真の一部に緑を取り込むと、素敵な写真が撮れること間違いなし(あくまで個人の主観ですが・・・)。

未来に願いを

思い出を残そう

いかがでしたか?
これらの写真はミラーレスカメラを使って撮りましたが、構図次第では、スマートフォンでも十分撮影を楽しむことができます。
友達と、家族と、大切な人と。
ずっと持っておきたい、自分だけの特別な1枚を、周南市の撮影スポットに撮りに出かけてみませんか?
今回は撮影時のみマスクを外していますが、お出かけの際はマスク着用や手指消毒など、新型コロナウイルス感染拡大防止対策をしたうえでお越しください。

さてさて、次の記事ではもう1カ所、撮影スポットを紹介しています。
同じ神社ですが、場所が変われば写真もガラリと変わります。こちらもぜひ参考にしてみてください。

山﨑八幡宮の位置はこちら

記事・写真:酒井 菜奈
執筆時期:2021年11月
※本記事の情報は執筆時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接各スポットへお問い合わせください。
※本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。








この記事が参加している募集

やってみた

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!