ここからこころつながる周南市 公式note

こんにちは!山口県周南市の公式noteです! ここに”あったか!”と唸る魅力の数々を、ここは”あったかい”と実感する出会いを。 つながったその瞬間、こころに生まれるあったかいもの。それが周南市にあることを、私たちは伝えていきます。

ここからこころつながる周南市 公式note

こんにちは!山口県周南市の公式noteです! ここに”あったか!”と唸る魅力の数々を、ここは”あったかい”と実感する出会いを。 つながったその瞬間、こころに生まれるあったかいもの。それが周南市にあることを、私たちは伝えていきます。

マガジン

  • 周南市のヒトが好き!

    周南市のインタビューに応じてくださった、市で活躍する人、市外で活躍する市ゆかりの人、その人の思いや人柄を、臨場感あふれる文章と魅力的な写真とともに掘り下げてご紹介!

  • 周南の未来を考えるノート

    市内の企業や団体が取り組んでいる周南の未来のためのSDGsの取り組みを、働く人の目線でご紹介します。

  • ここに"あったか"。周南市

    noteクリエイターの皆さんが投稿している周南市にまつわるあれこれをまとめさせていただいています。

  • 周南市ふるさと納税

    周南の魅力、ここにあり!あなたのあたたかな応援が力です。 寄付への感謝として、周南市からお礼の品をお届けします。 周南市が誇る数々の銘品をぜひご覧ください。

  • みんなでつくる周南市ガイドブック

    周南市公認の市民ライターによる、市内での暮らしや風景などの取材記事をnoteにまとめています。実際に周南市に在住・在勤・在学しているからこそできる、生活に密着した情報で、ニッチな周南市ガイドブックの完成をめざします!旅行雑誌とは一味違う、新しい周南市の歩き方をご提案します。みんなでつくる「わたしの周南」 since 2022/02/08

ウィジェット

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

【担当者が語る!】周南市市民ライター始動の裏側、全部話します。

2022年2月、年代も職業も趣味も文体もバラバラの12人が一斉にスタートラインに立ちました。任命書を握りしめ、いよいよ山口県周南市市民ライターとしての活動が始動します。 「大好きな昆虫を通して、この山口県周南市にある自然の魅力や、周南市に生きる生物の命の尊さを、子育てと両立しながら伝えていきたいです。」 そう話すのは、今回、周南市市民ライター1期生(AKB48みたいですね)に任命された市民ライターのひとり、塩田紗希さん。蝶の柄で彩られた素敵なマスクと、明るく笑顔で自分の気持

    • 探究的な活動を通じて子どもたちに「デザイン思考」を。デザインの力で人を幸せにしていく。

      PH GRAPHICS(PHグラフィックス)| 福永 みつお さん1968年、山口県熊毛郡平生町生まれ。下松市在住。高校を卒業後、福岡の日本デザイナー学院九州校に進学。卒業式を待たずに東京のデザイン事務所に入社。1993年に退社後帰郷。印刷会社を経て33歳で独立。下松市に事務所を構える。2002年、下松市の事務所はたたんで周南市PH通りに「PHグラフィックス」を設立。2007年、おいでませ山口国体・山口大会(2011年)のマスコットキャラクターとして「ちょるる」をデザイン。そ

    • 回天訓練場へ続く隧道 山口県周南市

      徳山湾沖合に浮かぶ離島、大津島。 徳山港から定期船鼓海Ⅱで約20分のこの島は、戦時中に人間魚雷回天の搭乗員訓練場があった島として有名である。訓練場の遺構は、現在でも観光施設として保存され、誰でも訪ねることができる。 訓練場へ辿り着くルートは、「現在では」強引に磯歩きでもしない限り、今回紹介する隧道しかない。したがって、大津島に観光に行ったことがある人ならほぼ間違いなく通ったことのある隧道なので、このレポートに物珍しさや資料的価値はないと思う。 それでも、全国的にはまだまだマイ

    • 私の好きな周南市の風景

      周南市ってどんなところ?? 今回は、 私の好きな周南市の景色を2つご紹介します! 1.幻想的な工場夜景えんとつ町のプペルでモデルになり話題になった周南市の工場夜景 周南市は、なんといっても工業が盛んな街なんです! 暗くなると、まるで星空を丸ごと持ってきたかのようなキラキラと輝く世界が目の前に広がります。 場所は極秘ですが、私のお気に入りの場所がここです。 そこから見た景色は天下を取った王様の気分になるのです。 私のスマホでは綺麗に撮影できませんが、肉眼で見るとものすごく

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 周南市のヒトが好き!
      ここからこころつながる周南市 公式note
    • 周南の未来を考えるノート
      ここからこころつながる周南市 公式note
    • ここに"あったか"。周南市
      ここからこころつながる周南市 公式note
    • 周南市ふるさと納税
      ここからこころつながる周南市 公式note
    • みんなでつくる周南市ガイドブック
      ここからこころつながる周南市 公式note
    • shu・wa - shu・wa
      ここからこころつながる周南市 公式note

    記事

    記事をすべて見る すべて見る

      山口県の素材で美しい酒をつくる。小さな酒蔵から世界へ日本酒を発信。冷酒の生みの親「山縣本店」の挑戦。

      株式会社山縣本店|代表取締役 山縣 俊郎さん 1948(昭和23)年、周南市生まれ。徳山高校から慶應義塾大学商学部に進学し、卒業後、兵庫県の大手酒造メーカー西宮酒造株式会社(現日本盛株式会社)に入社。その後、1974(昭和49)年に帰郷し、家業である株式会社山縣本店に入社。1974(昭和49)年に代表取締役社長に就任する。衰退の一途をたどる日本酒業界を救うべく、全国に先駆けて冷酒をつくったほか、輸出会社を立ち上げ、海外に向けて日本酒の販路を切り拓くなど数々の功績を残す。また

      周南市立岐陽中学校生徒が制作した「シティプロモーション動画」を公開

      令和4年11月10日。令和4年6月より始めた周南市立岐陽中学校1年生による総合的な学習「周南市シティプロモーションプロジェクト」とで制作した周南市のプロモーション動画の完成披露試写会が行われました。 このプロジェクトでは約200名の生徒が、観光・食・産業など、テーマ毎でグループに分かれ、プロモーション動画を制作。 6月からシティプロモーションについて考え始め、7月にそれぞれのグループが取り扱う分野を決定、9月に台本・絵コンテ制作、出演・撮影・編集などの役割分担をきめ、生徒

    • 徳山下松港 開港100周年 海へ!周南2022 へ行ってきた!

      本日、令和4年11月6日(日)に、 “徳山下松港 開港100周年”の記念イベントへ 子供達と一緒に行ってきました。 帆船3隻が同時に寄港するのは、“初” ということで、 昨日(土)からイベントはしておりましたが、 (日)の本日最終日、ということで、 わくわくしながら、行きました! 自宅から車で行き、駐車場は、新幹線口の徳機駐車場へ停めました。 徳機駐車場に入る前にも、ズラーっと駐車待ちの車が並んでおり、列に並んで待つこと約10分。 中へ入ることが出来、無事に車を駐車をし、

    • プロライターが講師のライティング講座でモチベーションが突き抜けた

      周南市市民ライターのライター講座に参加してきました! 周南市市民ライターは、山口県周南市が運営するシティープロモーションスペシャルサイト内の「みんなでつくる周南市ガイドブック」の記事を、市民目線で書いています。 今年の2月から1期生の活動が開始し、早くも2期生の募集が行われました!(現在は応募終了) 2期生として活動するには、2回にわたるライター講座を受講する必要があります。 1期から活動していて、継続して2期も活動するつもりなので講座に参加してきました。 プロのライ

    • 山口県周南市の徳山駅前清掃に参加してみた!【周南市市民ライター】

       こんにちは、山口県の周南市市民ライターのあかねです。  皆さんは【徳山クリーンあちこちクリーンプロジェクト】という活動を知っていますか? 周南市の中心の駅である徳山駅の駅前エリアがリニューアルした際に、「自分たちで大切にしていくんだ」という気持ちから2018年11月に開始した活動で、月に一度、徳山駅前の清掃活動を行っています。  私は以前からSNSで活動を拝見していて、ずっと参加したいと思っていました。しかし都合が合わなかったり寝坊してしまったりで、なかなか叶わずにいまし

    • 初めての試み!東京と周南をつなぐ周南ファンミーティング

      9/23(金)、東京と周南をつなぐ周南ファンミーティングが開催されました。周南市にゆかりのある方々が集まり、周南地域の話題や周南で頑張る方々、周南グルメなど多岐にわたり話題が展開されました。 東京会場17名、周南会場9名、オンライン3名、合わせて約30名程の参加者がいらっしゃいました。お互いの自己紹介の後、周南経済新聞の2022年度上半期バズりネタの紹介と共に、周南市の最近の話題を紹介いただきました。話題となったのは主に3点です。 まず1点目は、長く周南市で栄え、市民に愛

    • 山口県周南市にある徳山駅“まちのポート”へ行ってきた♪♪

      本日、“しゅうなんプレミアム食事券”の当選案内を引き換えに、山陽新幹線が停車する、“徳山駅”のすぐ近くにある、“まちのポート”へ行ってきました。 去年は、私だけが応募し、見事当選!しましたが、 今年は、私は、落選。主人は、当選!でした。 “1世帯に、1つのみの当選” の様で、主人だけ当選でも有り難かったです✨ 早速、先ほど引き換えに行きました。 主人は、初めての当選、喜んでいました。(笑) “まちのポート”は、徳山駅(スタバ☕)や(TSUTAYA)がある側の、駅に向か

    • 縁あって鹿野 ~縁起焼「叶家」~

      8月10日、山口県周南市鹿野地域、周南市役所鹿野総合支所から、自動車で南に数分ほど走った場所にあるスポーツ施設「鹿野山村広場」のそばに、一軒のお店がオープンしました。 「縁起焼 叶家」さん。 山口県下関市発祥の「縁起焼」を販売するこのお店のことを家で話していると、「このお店、光スタジアムの所にあったお店じゃない?」と、妻が驚くことを口にしました。 インターネットで検索してみると、確かに住所が山口県光市になっています。光スタジアムとは、光市の町なかにあったバッティングセンタ

    • 周南市市民ライターの活動を通して改めて書くことが楽しくなった話

      趣味程度でブログを書いていた文章素人の私ですが、現在周南市市民ライターとして活動しています。 つまり、周南市公式ライター!!! すごい!!! 肩書きカッコいい!!! 市民ライターは、周南市シティプロモーション課が12人を任命し、それぞれが市民の目線で周南市のリアルな暮らしを発信しています。 詳しくは、こちらの記事から。 現在は2期生を募集しているので、興味がある方は応募してみてはいかがでしょうか! 10月31日(月)に応募終了しました。 飽き性の私が唯一続いている「書

      まちの魅力の編集者「周南市市民ライター」2期生募集

      シティプロモーションスペシャルサイトのさらなる充実を図るため、サイトに掲載する市の魅力紹介記事を執筆していただく「市民ライター2期生」を募集します。 市民ライターの方には、市の公認ライターとして、市民目線の情報発信を行ってもらい、市民参加型の周南市紹介ガイドブックの作成を行ってもらいます。 昨年の20224年2月には、12人を周南市市民ライター1期生として任命し、市民目線で周南市の「リアルな暮らし」を周南市シティプロモーションスペシャルサイト内のガイドブックページで記事を掲載

    • 【園館訪問ルポ】詩のある動物園(Ⅱ)―― 徳山動物園「まど・みちお詩碑」/「ぞうさんの鉄琴」/「種田山頭火句碑」(山口県周南市)

       2019年の夏、北九州は到津の森公園で動物園と「詩」が響き合う風景を目の当たりにしてから、動物園が詩歌を通じてより多様な解釈可能性に開かれていく萌芽を見出していました。  この感覚は後に私自身が短歌を作り始めたこともあっていっそう確かなものになっていきましたが、到津への旅以降この主題を掘り下げていくためのきっかけがなかなか得られず、個人的な探究の主題としては次第に後景化していました。  しかし2022年の秋、詩が主軸になった動物園についに訪問することがかないました。山口県

      周南市ファンクラブ交流会「SHUNAN FAN MEETING」参加お待ちしています。

      山口県周南市は、市ゆかりの人や周南市ファンで構成するファンクラブ会員を対象に、東京会場と周南会場をオンラインでつなぎ、それぞれの会場に集まった周南市ゆかりの方同士がつながる交流イベントを開催します。 現地で参加することのできない皆様には、その様子をオンライン(ZOOM)でお楽しみいただけます。 現地参加者には、周南初のクラフトビールまたは周南市で焙煎したてのスペシャリティコーヒーを提供! おつまみには、今が旬!周南市須金産の梨とぶどうをご用意しています。 イベント中には、