マガジンのカバー画像

周南市のヒトが好き!

13
周南市のインタビューに応じてくださった、市で活躍する人、市外で活躍する市ゆかりの人、その人の思いや人柄を、臨場感あふれる文章と魅力的な写真とともに掘り下げてご紹介!
運営しているクリエイター

記事一覧

探究的な活動を通じて子どもたちに「デザイン思考」を。デザインの力で人を幸せにして…

PH GRAPHICS(PHグラフィックス)| 福永 みつお さん1968年、山口県熊毛郡平生町生まれ。…

山口県の素材で美しい酒をつくる。小さな酒蔵から世界へ日本酒を発信。冷酒の生みの親…

株式会社山縣本店|代表取締役 山縣 俊郎さん 1948(昭和23)年、周南市生まれ。徳山高校か…

目指せ「パリ五輪」。北國銀行ハンドボール部 Honey Bee 松本ひかるさん

01 ヒトハンドボール選手(北國銀行ハンドボール部 Honey Bee所属)|松本ひかるさん。1995…

レノファ山口FCの新社長 小山 文彦さん。レノファの活躍で、山口をもっと楽しくしたい…

小山 文彦さん。1973(昭和48)年生まれ、周南市須々万出身。沼城小学校、須々万中学校、徳山…

生まれたまち周南にハンドボールで恩返し。元日本代表 東佑三のガッツを見るべし。

東 佑三さん。1985(昭和60)年、周南市生まれ。中学生の時に7歳上の兄の影響でハンドボール…

折り紙は会話のツール・発明の原点。1枚の紙が持つ無限大の可能性を信じて活動する「…

松田邦夫。1947年生まれ、山口県防府市出身。1989年に周南市に移住。周南おりがみ研究会会長の…

デザインは人と人、人とモノをつなぐもの。周南市のシティプロモーションロゴを制作したデザイナーの想い。

1976年、広島県三原市生まれ、周南市在住。大学進学を機に島根県へ。結婚後、夫の故郷である山口県へ移住。事務職を経験後、34歳のときに転職。初めて印刷の仕事に携わる。基礎的な知識を学ぶため、職業訓練に半年通った後、広告代理店、広告デザイン会社を経て、2018年11月「Re:cone DESIGN」を起業。グラフィック・Webを中心に幅広いデザイン業務に携わる。2021年3月、公募により周南市シティプロモーションの新ロゴマークに自身の作品が選ばれる。趣味は陶芸。 まちの魅力を

スキ
15

あまりに足が早くて小学3年で鬼ごっこ無双状態。驚愕した先生の勧めで進んだ陸上の道…

1999年、周南市大島生まれ。小学4年生から陸上を始め、6年生の自己ベストは100m12.00秒(山口…

大正時代の和菓子を復刻。創業100年の老舗和菓子屋四代目の挑戦

1988(昭和63)年、周南市(旧新南陽市)生まれ。中学まで地元で過ごし、宇部の高校へ。福岡の…

東京マラソン優勝を経て地方移住。ランナーとしての暮らし方。〜樋口紀子〜

1985年、京都府生まれ。旧姓は樋口紀子。小学生の頃から持久走が得意だったため、中学入学と同…

地元にあたたかく育てられて今がある。2022ミス日本「海の日」属 安紀奈さん

地元にあたたかく育てられて今がある。感謝の心を忘れずに、個性を尊重できる人を目指したい。…

半年間の出会いをこの一冊に。ヒトと街をむすぶ「SHUNAN magazine」誕…

シンプルイズベスト、どストレートなタイトルのフリーペーパーを発行いたしました。その名も「…

元サッカー日本代表 田中達也が歩んだサッカー人生とふるさと山口県周南市を語る

現在、アルビレックス新潟でトップチームのアシスタントコーチを務める田中達也さん。2001年か…